アイキララでしつこくてお悩みの目の下のクマを改善する方法

MENU

目の下のクマが出来る原因と症状

どんなに目鼻立ちの整った美人でも目の下のクマがあるだけで、実年齢よりも老けて見えたり疲れている印象を与えてしまうものです。
特に夜更かしをしているわけでもないのに、常に目の下のクマが出来やすい方の症状と原因について解説します。

 

▼スグにでも目の下のクマを改善したいなら目の下の悩み専用に開発された【アイキララ】が最適です♪▼

ビルドマッスルHMB

【アイキララ】目の下のクマ改善
困っている目の下のクマを完全解消したいなら【アイキララ】
隠してごまかすのではなく、原因から解消させる事に着目!
「目の下の皮膚痩せ」の原因から解消させます!
肌リズムを正常化させコラーゲンの産生を促進させるので根本から解決!
「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」など使用者のほぼ全員が効果を実感!
アイキララ,目の下のクマ,改善
単品定価:2,980円 ⇒20%OFFコース有り+使用後でも全額返金保証有り!

 

 

目の周りの構造

アイキララ,目の下のクマ,改善

どうして目の周りにだけクマができるのでしょうか?
実は、目の周りやまぶたの皮膚は他の部位の皮膚よりも非常に薄く、皮膚の下にある血管などが薄く透けて見えているからです。
目の下の皮膚は特に薄く、卵の薄皮程度の厚みしかありません。目の周辺には沢山の毛細血管が通っています。そこを血液が通過することで目に酸素や様々な栄養を送り込んでいます。

 

摩擦や刺激による目の下のクマ

アイキララ,目の下のクマ,改善

まぶた周辺の皮膚は非常に薄く乾燥しやすいという性質を持っています。
そのため、患部をこすったりすることでお肌が色素沈着を起こしやすいとも言います。

 

このように何らかの理由で目をこすることで、目の下の皮膚が色素沈着を引き起こして茶色っぽいクマとして現れます。

 

血行不良による目の下のクマ

アイキララ,目の下のクマ,改善

また仕事や育児などでストレスや疲労を抱えたり、睡眠習慣の乱れや冷えなどの症状があるとまぶたの周辺の血液が滞りがちになります。
その結果青っぽい目の下のクマが目立つようになると言います。
このように茶色や青っぽい目の下のクマには、普段のライフスタイルの見直しなど効果的な対策を行うことが良いと言います。

 

目の下のクマを改善するには?

アイキララ,目の下のクマ,改善

まずはストレスや疲労で目に疲れを感じた時には、しっかりと夜の時間に休息を取ることが大切です。
目の疲れが激しい時には

  • ホットタオル
  • アイパックシート

などでまぶた周辺の血行を促進することが効果的です。
またお肌の色素沈着が原因の茶色に目の下のクマには、

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン

など美白作用の高いコスメを使用することが良い対策となります。

目の下のクマの種類①青クマの原因と改善方法

アイキララ,目の下のクマ,改善

目の下のクマには茶色いクマ、黒クマと青クマなどタイプがあります。それらは原因や改善のための対処などが異なります。

青クマの原因

目の下のクマの青クマができる原因は、血行不良です。
青クマがある場合は

  1. 肩コリ
  2. 頭痛
  3. 冷え性

などの症状をもっていることが殆どです。
目の回りの血行不良は疲れや慢性的な寝不足が要因となります。

青クマの改善方法

アイキララ,目の下のクマ,改善

改善のための対策は、血行を良くするためのマッサージです。
マッサージは目のまわりだけではなく顔全体や体全体の血流を良くすることも大切で、顔のマッサージの他に、首や肩コリの解消、ストレッチなどの運動で血流を良くします。また睡眠をとることや栄養バランスのよい食事をすることで血行が良くなります。

 

年齢を重ねるとクマも青クマや黒クマなど複合的にあらわれることがあり、目の下全体が黒ずんでたるんでいるような状態になることもあるため、早めの対策が必要です。


目の下のクマの種類②茶クマの原因と改善方法

アイキララ,目の下のクマ,改善

目の下のクマができるのは、この周辺の皮膚がほかよりも大変薄く、少しの刺激だけでもダメージとなりうるうえに乾燥しやすいというのが大きな原因です。
そんな目の下のクマにはいくつかの種類がありますが、その中でも茶色くシミのように現れる症状を茶クマと呼んでいます。

茶クマの原因

紫外線にて皮膚がダメージを受けた、あるいは目がかゆいときなどにこするクセがあるとメラニンが表皮のシミへと変化していくのです。
これらのほか肌に合わないコスメを使っていたり、マスカラなどをクレンジングで落としきれていなかったりしても、肌へのダメージによって茶色いシミができてくるケースもあります。
もともと皮膚が弱い人アトピー体質の人などは、この症状になりやすいです。

茶クマの改善方法

アイキララ,目の下のクマ,改善

対策としては一般的なシミの改善と同じように、ビタミンC誘導体配合のコスメやハイドロキノン配合のクリームなど、美白効果が高い成分を取り入れることが大切です。
症状がひどいときは、専門家の診断のもと有効的な治療法を選択するのがベストです。

 

その茶クマはアザかも?

また、茶クマにはシミとは違う遅発性両側性太田母斑様色素斑と呼ばれるアザもあります。
紫外線などで生成されたメラニンが、そのまま皮膚の真皮に留まってしまい、そのせいで茶色く見える症状です。
このケースでは美白成分を肌に届ける方法ではなく、美容皮膚科などで受けられるレーザー治療での対策が効果的です。
普通に推奨されている美白対策を行っても一向に改善しないというならば、この症状である可能性が高いのです。


目の下のクマの種類③黒クマの原因と改善方法

アイキララ,目の下のクマ,改善

目の下のクマって気になりますよね。クマがあると不健康に見えてしまい、魅力が半減してしまいます。特に黒クマは目立ちやすく、メイクでも隠しにくいので悩みのタネです。なぜ黒クマはできてしまうのでしょうか?その対策と改善方法についても確認しておきましょう。

黒クマの原因

黒クマの原因は、皮膚のへこみたるみが原因でそこに影ができることに起因します。皮膚のへこみやたるみは生まれつきのものもありますし、加齢によって生じるものもあります。
黒クマはたるみや肌のハリが失われてできた影です。コンシーラーなどを塗って隠そうしてもよれてしまったり、たるみの部分にシワに入り逆にたるみが目立ったり粉っぽくなることがあります。
メイクで隠すと余計に目立つ人は黒クマかもしれません。

 

黒クマの改善方法

アイキララ,目の下のクマ,改善

一番効果的なのは目の周りの筋肉である眼輪筋を鍛えることです。私たちの表情筋は加齢とともに衰えますので、習慣的にエクササイズをしてたるみのない顔を目指しましょう。眼輪筋のエクササイズ方法は以下のとおりです。

 

①顔を天井に向け、目だけ真下を見る
②ゆっくり10回ほどまばたきをする
③次はあごをひき、目だけ真上を見る
④ゆっくり10回ほどまばたきをする

 

このエクササイズを時間のあるときに行ってください。簡単な運動なので継続するのも簡単でしょう。
次第に眼輪筋が鍛えられ、クマに悩まされることが少なくなるはずです。毎日の習慣にして美しい目を手に入れましょう。

 

むくんでいることも多い黒クマの対策はむくみをとるために、タオルなどで温めてから冷やす温冷法も有効です。
また加齢によってできるたるみは日々のスキンケアで有りを取り戻したり、シワを減らすことが必要です。
コラーゲンなどが含まれた美容液などをまぶたやまぶたの下などにたっぷりとつけて保湿します。
水分が皮膚に満たされることでハリが出て白くみえる効果も期待できます。


コンシーラーを使ったメイクでできる目の下のクマの消し方

アイキララ,目の下のクマ,改善

目の下のクマはシミやニキビなどを隠す際に使う肌の色に合わせたコンシーラーで消すとかえってグレーに沈んでしまいます。
ここでは目の下のクマには3つのタイプがある事と、それぞれに適したコンシーラーについて及び、コンシーラーのつけ方について説明します。

 

まず目の下のクマには下記の3つの種類があります。

  1. 滞った血液が目の下の薄い皮膚を通して青黒く見える青クマ
  2. 加齢により肌の弾力が減少し影ができて黒く見える黒クマ
  3. シミが集まる、目をこする事でできた色素沈着などのメラニンにより茶色く見える茶クマ
目の下のクマにあったコンシーラーの種類

メイクでこれらのクマをカバーする際にはそれぞれにあった消し方があります。

青クマ

青クマの場合には青の補色となるオレンジ色のコンシーラーを用いる事で目の下のクマを目立たなくできます。

黒クマ

また黒クマの場合にはオレンジ色のコンシーラーは陰色を消すことができるため同様に使えます。

茶クマ

一方の茶クマの場合には肌のくすみを明るくカバーするイエロー系のコンシーラーが適したものとなります。

目の下のクマを隠すためのコンシーラの使用方法

アイキララ,目の下のクマ,改善

コンシーラーを使う順番は化粧下地の後にのせ、その上から薄くパウダーを重ねます。
リキッドファンデーションの場合には先にファンデーションをつけてから乗せ、最終的にパウダーを軽くはたいて仕上げます。
また目の下のクマの消し方としては、クマの気になる所にコンシーラーをいくつかの点にして置き、ポンポンと軽く叩くように定着させます。それから更に薬指を使って目の下を左右にスライドさせてなぞり、クマ全体になじませるようにします。


目の下のクマを改善するアイクリームを使った治し方

アイキララ,目の下のクマ,改善

目の下のクマがあると、疲れたり老けた印象になってしまいます。
しかし、一言にクマと言ってもその種類は様々で、効果的な成分も異なってくるため改善するときには注意が必要です。

 

アイクリームで治す場合にはそれぞれの原因に合わせた成分の配合されているものを選んでいくことが大切です。

茶グマ改善のアイクリーム

具体的な治し方としては、茶グマは色素沈着が原因のため美白ケアが有効です。
美白に効果的な

  • プラセンタ
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

などのうるおい成分が入っているものを選びましょう。
乾燥を防いで肌のターンオーバーを正常化させることによって色素沈着を改善していくことができます。
ただし、真皮レベルの場合の茶グマにはアイクリームだけでの対処は難しいためレーザーでの治療が効果的です。

青クマ改善のアイクリーム

眼精疲労など血行が悪くなってできる青グマは、血流を良くして代謝をアップし老廃物の排出を促すことのできる

  • カフェイン

などの皮膚全体の代謝を促す成分が入っているものが良いとされています。

黒クマ改善のアイクリーム

黒グマは皮膚のたるみや凹みが原因で影ができることがで原因です。
そのため目元を保湿してハリのある肌を目指すことが重要となります。
そのためには

  • 大豆イソフラボン
  • レチノール誘導体

の入ったものなどが効果的です。


目の下のクマの改善効果にはアイキララ|体験談と口コミ

アイキララ,目の下のクマ,改善

ずっと目の下のクマが気になっていました。
寝不足ではないのに夜更かししていると思われたり、疲れていないのにやつれているように見えてしまったり、体は至って健康なのに不健康そうに思われてしまうことが不快でした。

 

クマの原因は血行不良によるものと聞いたので、湯船に長く浸かって体を温めるようにしました。
マッサージも、朝と夜の2回行うようにしました。クマを隠すために、コンシーラーを使用したこともありました。

 

一時的に隠せたとしても根本的にクマは消えず、どうにかならないかと悩んでいた時、アイキララという商品を見つけました。

 

アイキララの使用感と感想

アイキララ,目の下のクマ,改善

アイキララのホームページを見て、クマの原因は皮膚が痩せることだと知りました。
年齢と共にコラーゲンが失われ、結果として皮膚が痩せてしまい、その下の色素が透けて見えてしまうのです。

 

アイキララは体の内側から働きかけ、コラーゲンの減少をサポートする役割を持っている点にとても引かれました。朝と夜の洗顔後のケアとして使い始めましたが、使用感はかさつきやべたつきもなく、しっとりとして気に入っています。

 

10日ほど使い続けたところ、クマが薄くなっていることに気付きました。
さらに使用を続け現在1ヶ月ほど経過していますが、改善効果として目元が明るくなったことに驚いています。

 

久しぶりに会った友人に肌が輝いていると言われ、大喜びしてしまいました。
その友人もクマに悩んでいるようなので、アイキララをすすめました。

ビルドマッスルHMB

【アイキララ】目の下のクマ改善
困っている目の下のクマを完全解消したいなら【アイキララ】
隠してごまかすのではなく、原因から解消させる事に着目!
「目の下の皮膚痩せ」の原因から解消させます!
肌リズムを正常化させコラーゲンの産生を促進させるので根本から解決!
「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」など使用者のほぼ全員が効果を実感!
アイキララ,目の下のクマ,改善
単品定価:2,980円 ⇒20%OFFコース有り+使用後でも全額返金保証有り!


「【アイキララ】目の下のクマでお悩みの方必見!衝撃の改善方法とは」関連情報